TwoStep「コツコツ系FX」ありだと思います。〜FXや自動売買(EA)で資産運用をするための総合情報サイト〜
北川の投資コラム

クロックサイクルを速めよう

投稿日 : 2020年2月6日

よく時間は誰にでも平等だと言われることがありますが、時間は人にとって平等ではないのです。1日24時間というのは事実ですが、24時間の間に処理できる量は人によって違いますよね。

脳の処理能力を高めることで、人の倍、更に倍と人生を豊かにすることができるのです。人の脳にはクロックサイクルがあると機能脳科学によってわかってきています。
クロックサイクルとは脳の処理能力のことです。 能力の差というのはクロックサイクルのスピードの差なのです。つまり、この差が生まれることで、1日24時間の価値は人によって平等にならないのです。
今回はこのクロックサイクルのスピードを上げる方法を紹介したいと思います。

知識量が不足していては、戦えない

shutterstock 334030331

何をするにしても知識が多いことに越したことはないと思いませんか?また、知識を得るためにもっと本や新聞が読めたらと思ったことはないでしょうか?

文化庁の調べによると一カ月に7冊以上の本を読む人は、日本人全体の3.3%であるという報告があるように、仮に月に10冊のペースなら、年間に120冊、10年間で1200冊にしかなりません。
‘情報についてどこまで理解していますか?’の記事で情報量についても書きましたが、インターネットの普及やシステムの進化によって、情報は恐ろしいスピードで増え続けているのです。日本における本の出版量に関して言えば、1カ月で約6000点の新刊が出ています。

上位3.3%の人の中でも、更に多くの知識を身につけることができたなら、全ての知識を手に入れることはできないにしても、多くの人より優位に立つことができるのです。

速読をする際の注意点

巷でよく目にする、速読等に関する本や記事では、キーワードを絞って読んでみる、何を知りたいかあらかじめ設定して読むといった内容は知識を高める為にはならないのです。人間の脳にはスコトーマ(盲点)というものがあり、これをキーワードにしよう、などと最初にあたりをつけてしまうと、それ以外の言葉や知識がスコトーマによって隠され、脳に入ってこないのです。

つまり、新しい知識を増やしつつ時間を有効に使おうとした結果、単に自分が知っている知識の濃度を少し濃くする程度の理解にしかならないのです。自分にとって重要だと思って読むのもおすすめはできません。それは自分にとって重要なことは自分が既に知っていることが多いというわけですね。

このように言うと、「自分にはまだ知識が十分ではない、不足している」といったことを思い浮かべるひとも多いのではないでしょうか?結局これもまたスコトーマであり、自分の知識はまだ不足しているという思い込みである可能性もあるのです。

では、どのようにして本を読めばいいのでしょうか?

それは「著者になりきって読むという方法です。」

著書になりきって読むことで、著者が重要だと思っていることが素直に入ってきやすいのです。なりきるといっても、完全にということではなく、どんな人なのか想像する程度でもOK。自我が強く残っている形では見えにくくなっている視点を著者になりきることで、スコトーマを外すという具合です。

クロックサイクルを早める方法

shutterstock 1436818253

これは皆さんが思うことよりもずっと単純な方法です。

いつもよりも早くやることを意識して日々仕事、読書などをしてみてください。

クロックサイクルは慣れによって早くなるものなのです。 この時重要なのが、そんなことありえない、そんなことで出来るはずがない といったことを考えないようにすることです。

同じ人であっても環境によってクロックサイクルは早くなったり、遅くなったりしています。例えば、受験なのでのラストスパートをかけているときは、自然とクロックサイクルは早くなってきているのです。しかし、合格したあと、何かちょっとした課題をやるといった時はなかなか以前のスピードで処理できないといったことはないでしょうか?それは、合格の喜びに浸っているときに、脳がそのスピードに適応してしまっただけなのです。

脳のクロックサイクルを早める為には、日ごろから何かに使う時間を少しずつ、短くしていく意識を持ってみてください。

最後に

今回は脳科学の観点から証明されていることを簡単にですが紹介させていただきました。クロックサイクルが上がることで、金銭的な余裕、気持ち的な余裕を持てるようになっていただければと思います。
今回の記事に限ったことではないですが、このことを「知ったこと」と「できること」は違います。知った後に、行動を変えることができる人が、未来を変えることができるのです。もし、忘れてしまったり、疎かになっていると思った時には今一度原点に戻って、やり直してみてください。やり直すことができるのは素晴らしいことだと思います。今後も様々な情報をお伝えしていきますので、ご覧いただければ幸いです。
本サイトでご紹介している自動売買ツール「TwoStep」は、半年以上の検証を重ね、コツコツ利益を積み重ねている自動売買ツールです。現在、このツールは他サイトや有料販売サイトにも提供していません。利用者の方も少しづつ増えていますので、ご興味ありましたら是非こちらのページもご覧ください!
口座開設