TwoStep「コツコツ系FX」ありだと思います。〜FXや自動売買(EA)で資産運用をするための総合情報サイト〜
北川の投資コラム

日本人のお金リテラシーが低い3つの理由

投稿日 : 2019年12月18日

今回は、日本人が陥っているお金に関するリテラシーが低い理由を3つ考えてみようと思います。書店等で自己啓発本やお金の稼ぎかたといった本が多く出ていたり、youtubeなどでは自己啓発動画等も増えていますが、まだまだ日本人はお金リテラシーが低い状況に変わりないと思っています。

これを読んで、すぐにあなたの状況が変わるような速攻性のあるものではないですが、今後の人生において少しでも変化があれば幸いです。

1.お金に関する教育がされていない

shutterstock 734948962

日本に生まれ日本で育った方はお金リテラシーが諸外国に比べ、明らかに低いのではないでしょうか。それは、島国日本に住んでいる分にはそんなことを考えないでも生きていける国の制度が関係していることも一つの要因であると思います。いわば、ぬるま湯につかった状態とでもいえるでしょう。また、学校教育を通じて、お金の大切さ、お金の可能性について学ぶ機会が極端に少ないですよね。

そんな状況のまま社会人となれば、どう考えても学べる機会は減ってしまいます。しかし、これが日本において美徳とされる生き方で、今でこそ少しずつ状況は変わりつつありますが、根強く残っているのです。こんな状況では、お金リテラシーが低い状態のままに違いありません。

2.お金が汚いものだと刷り込まれている

これが一番厄介なことかもしれません。お金が汚いものといった風潮が世にはびこっている点です。お金があることはあなたの将来の選択肢を増やすことができる有能な道具なのに、お金について語ること、お金を稼ぐことが、ある一定の状況を超えるとそれが、悪いことのように言われるのです。

お金の使い方、有効性が教えられない中で、お金について話すこともろくにできない状況であれば、お金リテラシーが上がるはずもないですよね。

3.労働社会が一般的と言われる現状

shutterstock 237946153

これも、あなたが一歩踏み出すうえで障害となる要因でしょう。
お金リテラシーが上がったとしても、大手企業に勤めることが人生において大事なこととされる風潮も障壁となるのです。現に日本において大学(短大、専門学校等含む)の進学率は81.5%という文部科学省によるデータがあり、就職率も97.6%となっています。つまり、日本で生活をしていく上では、会社に務めることが当たり前になっているわけです。

最近では、書店等に行ってもお金に関する本、自己啓発本といったものが多数出版され、働き方に関する書籍もたくさん出版されていますが、ほとんどの人が、知識として頭に入っているだけで、実態を伴う経験をしている人が少ないのではないでしょうか?理解はしたけど、それは一部の人のことで自分には関係ないと思ってしまっていませんか?

最後に

私が思うに多くの人がこの3つの事柄が邪魔をし、お金リテラシーが低い状況を作っていると思う。決して企業に勤めることが悪いことと言っているのでもないですし、お金を稼ぐことにガツガツすることを推奨しているわけでもないです。ただ、この3つの事象が邪魔をしてあなたの成長を妨げているのであれば、あまりにもったいないことだと思うのです。

お金のリテラシーが低いために、普段の生活の中でお金による束縛を受けている可能性もあるのです。みなさんはこんなことは思ったことはありませんか?

  • この服いいなーと思い、値札を見る
  • ○○に行きたいなと思うがなかなか行けない
  • レストランでデートをするとメニューの金額を見てしまう

これらはすべてお金による束縛を受けている事象でなのです。この束縛から抜け出すためにも、お金リテラシーの向上が必要不可欠ではないでしょうか。「お金お金」とうるさいなと思う人もいると思いますが、こういった呪縛から抜け出せる方法が世の中にはたくさんあることに気づいてもらいたいと思います。

私たちはそんな一歩踏み出したい方の為に、投資で稼ぐ方法も提供させていただいております。お金を稼いで現状を変えたい、現状プラスαのお金が欲しいと思っているのであれば、一度ご連絡ください。私たちと一緒にお金リテラシーを高め、人生を豊かにする一歩を踏み出してみませんか?

本サイトでご紹介している自動売買ツール「TwoStep」は、半年以上の検証を重ね、コツコツ利益を積み重ねている自動売買ツールです。現在、このツールは他サイトや有料販売サイトにも提供していません。利用者の方も少しづつ増えていますので、ご興味ありましたら是非こちらのページもご覧ください!
口座開設