TwoStep「コツコツ系FX」ありだと思います。〜FXや自動売買(EA)で資産運用をするための総合情報サイト〜
XMTrading

XMはスキャルピング取引に適しているのか?【徹底検証】

投稿日 : 2020年4月23日
「XMってスキャルピング取引に向いてるの?」
「禁止されている業者もあるようだけど…」

こんな疑問に答えます。

本記事では、多くのトレーダーから支持され続けているXMでのスキャルピング取引について様々な角度から徹底的に検証してみました。これからスキャルピングを検討している方はぜひご覧ください。

本記事の内容

1.スキャルピング取引は可能

iFOREX、LAND-FXやGemForex、Dynamic Tradeなどの海外FX業者では、原則としてスキャルピングは認められていません。禁止している業者の多くはDD方式を採用している業者が多いようで、経済指標時や120秒以内の決済はできないなどの制限がある業者が多くあります。
NDD方式を採用しているXMでは、公式サイトにおいて 公式的にスキャルピング取引を認めているので安心して利用することができます。一定時間のポジションを保持しなければ決済ができないなどの制限もありませんので、自由に取引が可能です。

スキャ1

NDD方式とは?
  • NDD方式とは、No Dealing Desk(ノーディーリングデスク)の略称で、ディーリングデスクとは、取引の価格を決めているFX業者のことを指します。つまり、仲介のFX業者を介さず、インターバンクと呼ばれる世界の金融機関へ取引が流れる方式です。非常にクリーンで透明性が高く、仲介のディーラーを介さないので、圧倒的な約定スピードも魅力の1つです。

EA(自動売買ツール)を利用することも可能

XMでは、自動売買ツールであるEAの利用も可能となっています。EAは自動で取引ができるので、短期的な取引を繰り返しても問題ないということになります。ただし、禁止事項なども何点かありますので、こちらの記事をご確認の上、安全に利用してみてください。
また、本サイトではXMでも利用できるEA(自動売買ツール)もご紹介しています。
本サイトでご紹介している自動売買ツール「TwoStep」は、半年以上の検証を重ね、コツコツ利益を積み重ねている自動売買ツールです。現在、このツールは他サイトや有料販売サイトにも提供していません。利用者の方も少しづつ増えていますので、ご興味ありましたら是非こちらのページもご覧ください!
口座開設

2.XMでスキャルピングならZERO口座

XMではトレーダーのスタイルに合わせて「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ZERO口座」の3つの口座タイプがあります。スキャルピングをする場合は「ZERO口座」を開設することをオススメします。

口座タイプ比較表

項目スタンダード口座マイクロ口座ZERO口座
最大レバレッジ888倍888倍500倍
1lotの単位100,000通貨1,000通貨100,000通貨
最小取引枚数0.01lot(1000通貨)0.01lot(10通貨)0.01lot(1000通貨)
最大取引枚数50lot(5,000,000通貨)100lot(100,000通貨)50lot(5,000,000通貨)
最低入金額5ドル5ドル100ドル
取引手数料なしなし往復10ドル/1lot
スプレッドドル円平均2.0pipsドル円平均2.0pipsドル円平均0.1pips
ボーナスすべてありすべてあり3000円ボーナスのみ
ロスカット水準証拠金維持率20%以下証拠金維持率20%以下証拠金維持率20%以下
追証なしなしなし
通貨ペア数57種類57種類56種類
CFD取引42種類42種類取引なし
貴金属取引5種類5種類2種類

XM Zero口座の特徴

口座タイプ4

XM ZERO口座はスプレッドにおける少し特殊な口座となっており、マイクロ口座・スタンダード口座とは違う性質をもっています。この口座はECN方式と呼ばれる 「スプレッドに業者への利益をのせず、別途で取引手数料を徴収するシステム」を採用しています。ZERO口座では、別途取引手数料がかかりますが、それでもスプレッドは非常に狭いため、スタンダード口座比較してもZERO口座がコストを抑えた取引が可能です。

XMのZERO口座については、こちらにも詳しい解説がありますので、合わせてご覧ください。

取引手数料を考慮しても、スタンダード口座に比べれば総合的に取引コストは抑えることができますので、XMでスキャルピングを行いたいと思っている場合はZERO口座を開設しましょう。

約定力の高さは業界トップクラス

評判6

XMは、FX業者が介入して自由に約定を操作できるDD方式(ディーリングデスク)と違い、FX業者が介入できないシステムをとっているため、約定が安心して行われています。XMの顧客の注文は、XM内のサーバー集められ、即時注文決済(注文が届いたら価格保証)されています。

2017年には、Shares MagazineのUK Forex Awards 2017において、ベストFX執行ブローカー賞を受賞。XMでは、99.35%は1秒以内に約定するといわれています。約定力の高さやスピードにおいては、他業者と比較しても高水準といっても過言ではありません。スキャルピング取引では、この約定力の高さはスリッページなどの滑りにも影響してくるので、大きなメリットといえます。

3. 他の海外FX業者との比較

XM以外にも、スキャルピング可能な主要海外FX業者と比較してみるとどうでしょうか。スキャルピングに向いているそれぞれの口座タイプで比較してみましょう。
業者XMTitanFXAxiory
取引手数料約1000円
(1.0pips)
約700円
(0.7pips)
約600円
(0.6pips)
全通貨
平均スプレッド
1.6pips
(0.6pips)
1.4pips
(0.7pips)
1.3pips
(0.6pips)
USD/JPY1.1pips
(0.1pips)
1.03pips
(0.33pips)
1.0pips
(0.4pips)
EUR/JPY1.6pips
(0.6pips)
1.44pips
(0.74pips)
1.3pips
(0.7pips)
GBP/JPY2.1pips
(1.1pips)
2.15pips
(1.45pips)
2.3pips
(1.7pips)
AUD/JPY2.0pips
(1.0pips)
1.82pips
(0.12pips)
1.5pips
(0.9pips)
EUR/USD1.1pips
(0.1pips)
0.9pips
(0.2pips)
1.0pips
(0.4pips)
GBP/USD1.4pips
(0.4pips)
1.27pips
(0.57pips)
1.5pips
(0.9pips)
AUD/USD1.6pips
(0.6pips)
1.22pips
(0.52pips)
1.2pips
(0.6pips)

※「平均スプレッド+取引手数料」の合計値として表示しています。平均スプレッドのみの数値はカッコ内に表示。

上記の表を比較してみると、XMは業界の中では取引コストが安いとは言えないことがわかりますね。取引手数料だけでみれば、TitanFXやAxioryに軍配があがります。

Axioryはスプレッドが業界でトップクラスにスプレッドが狭く、cTraderという専用の取引プラットフォームが使える点も魅力といえますが、レバレッジは400倍と低め、かつボーナス制度などは存在しません。
TitanFXも同様にスプレッドの狭さや約定力も高い業者ですが、XMに比べるとボーナスなどは少ない印象があります。

4.まとめ

他業者と比較して、取引コストの面だけでみればTitanFXやAxioryのほうがコストを抑えられますが、XMでは、コスト以上に他業者に負けないメリットがたくさんあります。
XMのメリット
  • 口座開設者数NO.1の実績と信頼
  • サポートが充実
  • 口座開設時ボーナスあり
  • 最低入金額が10000円でOK
  • 十分な500倍のレバレッジ
  • EAの稼働に向いている

手数料だけでなく、操作性や機能性、信頼度なども総合的に判断し、口座開設していくことが大切ではないでしょうか。是非今後の開設の参考にしてみてください!