TwoStep「コツコツ系FX」ありだと思います。〜FXや自動売買(EA)で資産運用をするための総合情報サイト〜
XMTrading

XMの経済指標カレンダーの見方・使い方

投稿日 : 2020年4月9日
「経済指標って何?」
「経済指標カレンダーの見方を教えて!」

こんな疑問・要望に答えます。

本記事では、FX取引では欠かせない経済指標について解説するとともに、XMから公開されている経済指標カレンダーの見方と使い方について解説します。初心者の方にもわかりやすいので、ぜひ利用してみましょう。

本記事の内容

1. 経済指標とは?

そもそも経済指標とは、各国の公的機関等が発表する経済状況を構成する要因(物価、金利、景気、貿易など)を数値化したものです。その内容から経済の現状や過去からの変化を把握することができます。
FX取引においては、経済指標の数値によって相場の価格を大きく変動させます。重要な指標ほど値段が動く可能性が高くなります。経済指標は前回の発表値と共に、金融機関などが算出した予想値が出回ります。その予想値より上であるなら、値段は上がりやすく、予想値よりも下ならば、値段は下がりやすくなります。しかし、価格にすでに織り込み済み(予想が値段にすでに反映されてしまうこと)の場合、逆に価格が動く場合もあるのです。

よってFXで取引を行うトレーダーは、その発表時期や発表内容をある程度把握しておく必要があるのです。

必ず押さえておきたい経済指標
  • 米国 雇用統計 毎月・第一金曜日(日本時間 21:30発表)
  • 米国 FOMC政策金利発表
  • 米国 ISM製造業景況感指数
  • 欧州 ECB政策金利発表
  • 日本 日銀金融政策決定会合

2. XMの経済指標の見方と使い方

XMでは、ホームページ上でこの経済指標のカレンダーを公開しています。経済指標についての情報が一目で知ることができます。見方や使い方をこれからご説明していきます。
まずはXMの公式サイトにアクセスしましょう。右下の「経済指標カレンダー」をクリック。もしくは、「FXを学ぶ」から「経済指標カレンダー」を選択してください。

経済指標カレンダー1

XMの経済指標カレンダーを開くと、XMで取引可能な通貨の全ての国の情報が表示され、今週の指標がすべて表示されています。右上の「昨日」「本日」「明日」「今週」「カレンダー」を使えば、表示する日時の指定ができます。

経済指標カレンダー2

しかし、このままですと自分が取引をしていない国の経済指標まですべて表示されてしまっているので、非常に見にくいです。なので、自分の取引している国(通貨)だけを表示するために左上の「フィルター」を選択しましょう。

経済指標カレンダー3

「フィルター」を押すと、このような画面になりますので、左のクリアを押して一度選択をすべて外し、表示したい国を選択します。また、下部では、時間やカテゴリ、重要度(3段階)の範囲も選択することができます。試しに、「アメリカ」「イギリス」「ユーロ圏」「日本」の4つを選択し、時間表示、重要度は3にして適用させてみます。

経済指標カレンダー4

すると、上図のようにフィルタリングされ、重要度が高くて見たい指標のみを表示させることができます。ただし、残念ながらフィルター機能は保存させることはできないので、見るたびに設定しなおしましょう。

3. 指標トレードとその注意点

shutterstock 1014394012

指標トレードとは、経済指標での価格の大きな変動を狙って利益を上げようとする取引方法の1つです。XMでは基本的には指標トレードを全面的に禁止ているわけではありません。しかしながら、海外FXでは「ゼロカットシステム」が取り入れられているため、これを使った大きなレバレッジ・取引量で指標トレードを何度も繰り返していると、レバレッジ制限や口座が凍結する恐れがありますのでご注意ください。

指標トレードには、他にも注意点がありますので簡単にご紹介していきます。

スリッページ

スリッページとは、FXの注文において、注文した価格と実際に約定した価格の差(ズレ)のことです。指標トレードでは、相場が大きく変動するので、不利に取引が約定してしまう可能性があります。指標発表前後はかなりの確率でスリッページが起きてしまうことを考慮しましょう。

スプレッドが拡大

経済指標の発表前後は、スプレッド(通貨の「買値」と「売値」の差【手数料】)もかなり拡大する傾向があります。5倍~10倍になることもありますので、このコストも視野に入れる必要があります。

強制ロスカット

あまりにも大きな変動が起こってしまった場合、証拠金の大幅な増減も起こりかねません。証拠金維持率が一定以下になれば、マージンコールもなく、いきなり強制ロスカットになる可能性もありますので注意しましょう。