TwoStep「コツコツ系FX」ありだと思います。〜FXや自動売買(EA)で資産運用をするための総合情報サイト〜
XMTrading

XMのゼロカットシステムとは?

投稿日 : 2020年1月22日
「海外FXで採用されているゼロカットってなに?」
「もしゼロカットされたらどうしたらいいの?」

こんな疑問に答えます。

本記事では、XMでも採用されているマイナス残高リセット(ゼロカットシステム)について詳しく解説しています。海外FXの最大の魅力でもあるこのゼロカットシステムをうまく利用していきましょう。

本記事の内容

1. そもそもゼロカットって何?

多くの海外FXでは、ゼロカットシステムを採用しています。これは、予想外に為替の値段が大きく動き、証拠金以上の損失が出た場合、そのマイナス分を追加で入金するという「追証」がなく、マイナス分をFX会社が補填してくれるというシステムです。言い換えれば、口座残高がマイナスになった場合、残高を0に戻してくれるサービスというわけです。

ゼロカット

国内業者では、ほとんどの業者が追証システムを採用しているので、相場の急変などが起こると多額の追証が発生する可能性があります。この点では、海外FX業者のほうがとても安心できるシステムなのです。
もちろんXMでも採用されており、ゼロカットシステムという名称ではなく、「マイナス残高リセット」と呼んでいます。大きな損失が出て、マイナス残高になったとしても、全てゼロにリセットしてもらえるので、どれだけ負けたとしても入金した金額以上の損失が生じることはありません。海外FXの大きなメリットと言えるでしょう。

なぜ海外FX(XM)はゼロカットを採用できるのか?

XM メイン2

国内FX業者では、法的にゼロカットができないことになっており、大きな損失で追証を払わなくてはいけなくなる危険性があります。海外FXは、ゼロカットが許されている国でFXのライセンスを取得しているため可能なのです。

特に海外FX(XM)では、トレーダーの心理的な余裕や、積極的に取引を促してもらうために採用されているのだと思います。初心者トレーダーがいつ大きな損失を出してしまうかはわかりません。そんな時に、自分の入金した金額以上払うことになったら、大変ですよね。よって、このゼロカットを採用することで、トレーダーの取引に対する壁を低くしているのです。

では、損失分はどこが出しているのか?
もちろんその海外FX業者が負担しています。中には、追証を利用者に負わせた例もありますが、ご紹介しているXMでは、そのような事例はなく自社の利益を削って補填しています。

なぜこのようなことができるのか?
それは国内FXよりも海外FXはスプレッドが広いですよね?これが答えなのです。つまり、その分ここで手数料を多めに取ることで利益を得ているのです。

それでも利用者にとっては、大きな価格変動で、多額の借金を背負わされるよりは絶大なメリット。ゼロカットシステムを活かして取引している人もたくさんいます。これこそが、初心者に国内FXよりもXMを利用することをおすすめする理由なのです。

2. 過去の事例では…

2015年1月に起きた「スイスフランショック」を例にご説明していきましょう。
この日、ユーロ/フラン(EUR/CHF)の相場は数十分たらずで、1ユーロ=1.2フランだったのものが、1ユーロ=0.86フランにまで急落し、突然スイスフランが買われるという現象が起きました。スイスフランショックがなぜ起きたかというと、スイス中央銀行が経済対策として「1ユーロ=1.2フラン」を上限にする為替介入していたものを撤廃したことによって起きました。

795316b92fc766b0181f6fef074f03fa

その動きは何と数十分で3800pips…。イメージできますでしょうか? ドル円なら100円だった価値が、いきなり75円になるようなレベルです…恐ろしいですよね。もちろんこれによって、世界を代表する金融機関、多くの投資家が莫大な損失を被り、破綻するFX業者も続出したと言われています。
このとき、何と海外FX業者でゼロカットシステムを宣言していた老舗ブローカーでもあるFXDDという会社でさえも、何とスイスフランショックの際に追証を請求したようで、顧客に追証を求めたと言われています。

そんな中、XMはどのような対応をしたかというと、、、

XM企業ニュース

XMは、もちろんしっかりとゼロカットを執行し、すべての顧客のマイナス残高をリセットしたのです。これだけの対応をしているからこそ多くの顧客に今も信頼されているのでしょう。この事例をきっかけにXMは顧客を多く伸ばしたともいわれています。

ゼロカットの大切さをわかっていただけましたでしょうか? もちろん、最近の2019年1月3日に起こったフラッシュクラッシュにおいても、XMは多くの顧客がマイナス残高になったものをすべてリセットしています。素晴らしいですよね。

3. 残高がリセットされない!どうすれば?

よく「ゼロカットがいつまでたってもされない!」「すぐに、ゼロに戻るにはどうすればいいの?」などとSNSでみることがありますが、もちろんXMでは「ゼロカット(マイナス残高リセット)が行われないことはありません。しかし、タイミングが様々で不定期にリセットされています。自分自身もすぐにリセットされたことや、1日かかったこともしばしば。そんな時に、すぐにリセットする方法をご紹介します。

shutterstock 740232772

追加入金ですぐにリセット!

まず、リセットされるかどうかの確認をしましょう。
そもそもゼロカット(マイナス残高リセット)が執行されるのは有効証拠金がマイナスの時です。 残高は現金のみですが、実際のゼロカットは、「残高」と「ボーナス」、さらに「含み益(含み損)」の合計がマイナスにならないとゼロカットされませんのでご注意ください。ボーナスを使ってポジションをもっているといつまでたってもリセットされませんのでご注意を。

すぐにリセットさせるには、追加で入金をしましょう。
「え、マイナス分に追加したら、補填されて無駄にならないの?」
と思う方が多くいると思いますが、大丈夫です。XMでは入金がマイナス口座に入ることを確認した時点でマイナス残高リセットを行ってくれます。つまり、それがトリガーの役割となり、口座をリセット。そして入金額がそのまましっかりと反映することになります。 ※ちなみにボーナスがある場合は、マイナス分に補填されてしまいますのでご注意ください。

追加口座をつくってしまうのも簡単

もし、そこまで時間的な制限がない場合は、「追加口座」を作ってしまうのもよい方法です。XMでは、すでに開設している口座があれば、ほんの数分で追加の口座を最大で7つ、合計8つの口座を作ることができます。 新しい口座を作成し、そこでまた取引をしながら、マイナス残高の口座が戻るのを待つこともいい方法でしょう。

4. ゼロカットを活かしてハイレバトレード!

このゼロカットシステムが採用されていることで、初心者や資金の少ないトレーダーでも取引ができるようになります。資金を限定的に入金し、ハイレバレッジで取引も可能。精神的に不安を抱えることなく、積極的なトレードをすることができますよね。

shutterstock 656086189

借金を抱える心配がない

XMのこのマイナス残高のリセットがあれば、仮に経済指標などで大きな動きが発生し、自分の証拠金を超える大きな損失が出してしまったとしても、追証を支払い、借金を抱える心配が一切ありません。(もちろん入金した証拠金はなくなってしまいますが…笑)

自分の資産の中で、FX投資に使うお金をいくらにする!と固定したい場合や、まずは練習で数万円から試してみるときなどは有効的であるといえます。

XMなら約15pips抜ければ、資産は倍!

このシステムをいかしてハイレバレッジトレードにも挑戦してみましょう。入金額は少なめにしたうえで、XMでのレバレッジ888倍をフル活用してポジションを取ってみてください。約12~13pipsほどできっと資産は倍になっています!もちろん逆行して資金を失ってもマイナスになることはありません。もちろんハイレバレッジですのでリスクも高くなります。ロスカットになることもありますが、トレンド方向に確実にエントリーできれば、大きく利益を生み出すことも可能なのです。
いかがでしたでしょうか?あなたもXMにも採用されているゼロカットをうまく利用して取引してみませんか?XMは現在100万人以上に利用されている大手海外FX業者です。レバレッジの888倍、豊富なボーナス、ゼロカットシステムなど、国内業者に比べてオススメできることがたくさんあります。まずは、XMで口座開設してみましょう。

口座開設はこちらから!