TwoStep「コツコツ系FX」ありだと思います。〜FXや自動売買(EA)で資産運用をするための総合情報サイト〜
XMTrading

XMでゴールド(GOLD)を取引!

投稿日 : 2020年1月15日
「XMでゴールドの取引ができるみたいだけど、FXとどう違うの?」
「ゴールド取引の特徴と注意点を知りたいな」

こんな疑問に答えます。

XMではFXのほかに金融商品も取引することが可能です。上級トレーダーが多く利用しているゴールド(GOLD)取引。本記事では、このゴールド(GOLD)取引について、FXとの違いや特徴を丁寧に解説しています。

本記事の内容

1. ゴールド取引の特徴

海外FXで本サイトがおすすめしているXMtradingでは、FXの為替取引だけではなく金融商品を取引することができます。そして、その中でも多くのトレーダーに好まれているのがゴールド(GOLD・金)です。初心者の方もやってみたいと思う方もいると思いますが、FXとは違った特徴と注意点がありますので、しっかりと理解を深めてから臨むようにしましょう。

shutterstock 478915243

投資におけるゴールドの基礎知識

①金は需要が常にあり、価格が安定している

ゴールド(GOLD・金)は、世界各国において古くから万人が価値を認めているものであり、各国が発行する「紙幣」のようにその発行している国が価値を保証している信用的な不安がありません。よって、常に需要があることで価格の暴落の心配が比較的少ないと言えます。

②工業製品の需要が高まると価格が上昇する

ゴールド(GOLD・金)は、物質としても非常に安定しており、加工しやすく様々な工業製品に利用されています。私たちのスマートフォンの一部にも金が使用されていることが有名ですが、さまざまな工業製品を作るにも金が必要となるため、その工業製品の需要が上がれば連動して、金の価値も上がっていきます。

③世界情勢が不安定になると価格が上昇する

基本的に世界情勢が悪くなれば金の価格が上がると言われています。世界経済や情勢が不安定になると、それぞれの各国の通貨が不安定になり、投資家は「価値の下がりにくい金に交換しておこう」という心情になるのです。戦争や世界的な大事件が起きたときは、過去のチャートでも大幅に上昇しています。

④アメリカドルの値動きと連動する

金保有で1位を誇るアメリカと関連が強い為、米ドルが強い(上昇)時は値が下がり、逆に米ドルが弱い(下降)時は値が上がる傾向があります。チャートを見るとわかりますが、基本的には逆相関のような形になっていることが多いです。アメリカの雇用統計や経済指標にも大きく影響を受けるので、米ドルの動きも見ている必要があります。

ゴールド取引の魅力

ゴールド取引の魅力は、何といっても大きなボラティリティ(大きな価格変動)とハイレバレッジによるトレードが可能ということです。FXの通常の通貨ペアよりも、はるかに大きく価格が変動し、一日に200~500pips、すごい動きになると、たった数日で1000pips動くこともあります。これは、よく動くと言われるポンドよりもはるかに大きな動きとなりますので、少額で一気に利益を狙いたい人にはとてもおすすめの銘柄と言えるでしょう。

XMでは、888倍のレバレッジでゴールドを取引することが可能なので、商品先物や国内のCFD取引に比べてはるかに安い証拠金で取引することができます。また、FXに慣れている人なら、FX取引と同じ感覚で取引することができるのでわかりやすく、初心者から上級者まで多くの利用者がいる要因と言えるでしょう。

ゴールドの取引時間

XMでのゴールド取引の時間帯は以下のようになります。メンテナンス時間だけ注意しましょう。基本的には24時間取引可能です。
夏時間
 月曜日6:05~土曜日5:50(平日5:55~6:05はメンテナンスです)
冬時間
 月曜日7:05~土曜日6:50(平日6:55~7:05はメンテナンスです)

2. 証拠金は?

shutterstock 1520095187

FXと計算方法が違います

ゴールドの必要証拠金は、FXの証拠金計算とは少し違います。計算式は、
Lot数×取引単位(コントラクトサイズ)× ゴールドの市場価格÷レバレッジ

となります。取引単位とは、別名コントラクトサイズとも呼ばれ、ゴールドでは基本100という単位が使われています。レバレッジを利用しなければ、とてつもない証拠金が必要になってしまいますが、XMでは888倍のレバレッジを利用することができますので、例えば、1Lotの取引をして、その時のゴールドの価格が1400ドルだった場合、必要な証拠金は・・・

1(LOT)×100(取引単位)×1400(市場価格)÷888(レバレッジ)=157.65ドル

日本円にすると、およそ17000円程度になります。また、XMでは最小Lotが0.01から取引が可能なので、さらに少ない証拠金でも取引ができます。レバレッジを最大限に生かすことで、簡単にゴールドも取引が可能ですので是非利用してみましょう。

1PIPSの幅は?

FXと違う点でもう一つ覚えてもらいたいのは、1pipsの位置です。
ゴールドの取引では、小数点第一位が1pipの単位になります。
例えば、ゴールドの価格が1500.20の場合、2の位置が1pipsとなります。価格が変動して1505.20になった場合、50pips分動いたということです。チャートを見るとよくわかると思いますが、いかに価格が大きく変動するかがわかると思います。取引量は必ずコントロールしましょう。

3. ゴールド取引の注意点

shutterstock 1014394012

買いポジションにマイナススワップ

ゴールド取引における最大のデメリットは「スワップポイント」です。これが最大のマイナス要因と言っても過言ではありません。ゴールド取引では現在、買いポジションでマイナススワップ、売りポジションでプラススワップが発生します。
ゴールドは、ほかの銘柄に比べてスワップ金利の負担が非常に大きく、1Lot当たりのマイナススワップは日本円で1日-1500円程度にもなります。もし買いポジションを1Lotで1週間持っていれば、それだけで何と約-1万円!!ちょっと考えなくてはいけない額になりますよね。買いポジションを持つ場合は注意して取引をしましょう。最新のスワップポイントについては、XM公式サイトのFX計算ツールをご利用下さい。

ちなみに、スワップポイントが付く時間は決まっていて、MT4の基準時間が0になる時間にスワップポイントが付きます。日本時間で朝の7時(夏時間の場合は6時)、木曜日の朝は3日分のスワップが付きますので特に注意して取引をしてください。

4. 最後に

ゴールドは昔から需要が非常に高く、安定しており多くのトレーダーが高い変動幅を活かしてトレードをしています。リスクオンの環境では、レバレッジを活かして多くの利益を生み出す可能性を秘めています。この機会にXMで口座開設をして、ゴールドを取引するのはいかがでしょうか?
XMは現在100万人以上に利用されている大手海外FX業者です。レバレッジの888倍、豊富なボーナス、ゼロカットシステムなど、国内業者に比べてオススメできることがたくさんあります。まずは、XMで口座開設してみましょう。口座開設はこちらから!