TwoStep「コツコツ系FX」ありだと思います。〜FXや自動売買(EA)で資産運用をするための総合情報サイト〜
XMTrading

XMのデモ口座開設方法【リスクなしで開設できます】

投稿日 : 2019年9月10日
「XMのデモ口座ってどうやって作るの?」
「リアル口座の違いって?」

こんな疑問に答えます。

XMでは簡単にデモ口座を開設することができます。本記事では、XMのデモ口座の開設方法に加えてリアル口座との比較や口座タイプなど、わかりやすく解説していきます。これからデモ口座を作ってみようと考えている方は是非ご覧ください。

本記事の内容

1.XMデモ口座新規開設方法

まずは、デモ口座の開設方法をご紹介します。はじめに、 XM公式サイトにアクセス。画面左の「デモ口座開設」をクリックしましょう。

デモ1

次に、デモ口座登録のための必要事項を登録フォームに入力してください。
入力はすべて半角英数字で入力してください。

デモ2

個人情報

項目内容
下のお名前アルファベットで記入 例:Taro
名字をアルファベットで記入 例:Yamada
居住地日本ならばJapanを選択
都道府県・市アルファベットで記入 (例:yokohama shi,kanagawa ken )
電話+81が最初に入っています。090-1234-5678ならば、+8190-1234-5678 と入力します。
EメールEメールアドレスを入力
希望言語日本語を選択(好みの言語)

デモ3

取引口座詳細

項目内容
取引プラットフォームタイプMT4
口座タイプスタンダードもしくはXM Zero
口座の基本通貨特に希望なければJPY
レバレッジ1:888(※1)
投資額1000~5,000,000(※1)

※1 投資額・レバレッジは後で追加や変更はできません。多い額を選択することをおすすめしますが、現実とあまりにもかけ離れていると、実際のトレードでは失敗のリスクも上がってしまいますので、現実的な金額にするとよいと思います。

口座パスワード

口座パスワード:2回同じものを入れてください。また、忘れないようご注意ください。
※小文字、大文字、数字の3種類の文字を含める必要があります。
メールでニュースなどを受け取りたい場合はチェックを入れ、「デモ口座開設」をクリック。

デモ4

XMから上図のような確認用メールが届きますので、指示に従って「Eメールアドレスをご確認ください」をクリックするとデモ口座の開設が完了します。

デモ5

ここに書かれている「MT4のID」と「サーバー番号(例:XMTrading-Demo 3)」を使ってログインしますので、メモしておきましょう。以上でデモ口座の開設が完了です。ほんの数分で開設できますよ!

2. XMデモ口座で開設できる口座タイプ

XMでもデモ口座は「スタンダード口座」と「ZERO口座」の2種類開設できます。マイクロ口座は非対応なので気を付けましょう。

スタンダード口座・ZERO口座の特徴

デモ8

項目スタンダード口座ZERO口座
注文可能通貨量1000通貨~500万通貨10通貨~10万通貨
1lot10万通貨1000通貨
スプレッド約2pips約0.1pips
最大レバレッジ888倍500倍

3. デモ口座とリアル口座の違い

デモ口座とリアル口座には大きな違いもありますので覚えておきましょう。

やっぱりデモはデモ

まず、デモ口座ではリアル口座のような「ボーナス」や「XMP(ロイヤルティープログラム)」などのサービスはありませんし、増えることはありません。また、サーバーがそもそも違うため、スプレッド・取引が行われる環境・約定スピード・相場のレートなどに多少の違いが生まれます。あくまでデモはデモと理解して取引を行うようにしましょう。

使わないと凍結扱いになる

XMのデモ口座は、原則使用期限はありません。また、解約や退会の処理なども一切不要です。しかし、90日間取引がないデモ口座は自動的に「休眠口座」となって口座がロックされてしまいます。定期的にログインし、取引を行うといいでしょう。もし、ロックがかかってしまっていたら、新規にデモ口座を作り直すか、サポートに連絡をすれば解除してもらいましょう。

4. デモ口座のメリットとデメリット

デモ口座のメリット

・デモ口座開設のメリットとして挙げられるのは、取引手法や自分の考えたトレード、EAなども含めてリスクゼロでできてしまうということ。さらにリアル口座と同等の通貨ペアやCFD、貴金属まで取引可能です。
・とにかく開設までが早いこと。ほんの数分で開設できてしまうと思います。面倒な手続きや本人確認書類の提出も不要で、 メールアドレス1つあれば、5つまでデモ口座が作ることができるのが最大の魅力といえます。

デモ口座のデメリット

デメリットなんてないだろ!と思われがちですが、実はあるんです。それは、デモはやっぱりあくまでデモなんです。これは相場の世界には避けられない「メンタル」の部分が大きくかかわってくるんですね。言い換えるならば、お金に対しての精神的なストレスや思考が関係するということです。
デモトレードではどれだけ損失が出ても「デモだから」と処理できるのに対して、リアルトレードでは「損失=実際のお金を失うこと」を意味します。すると、人間はどういうわけかデモと同じ精神状態ではいられなくなるんですね。よく「デモトレードでは勝てるけど、リアルトレードをすると勝てない」と言われますが、この精神状態とその時の行動の違いが原因と言われています。デモ口座はあくまでデモと認識しておきましょう。

5. 口座開設ならまずはリアル口座をおすすめします

デモ7

精神面も含め、しっかりとトレーダーとして成長していくのであれば、軽く相場の雰囲気や取引方法をデモ口座で学んだあとは、少額でよいので リアル口座で取引をすること を筆者はおすすめしています。XMでのマイクロ口座では、10通貨(スタンダード口座は最小が1000通貨なのでさらに1/100!)から取引可能ですし、最小lotであれば1pipsの変動はなんと0.1円(笑)。少し大きく動いても数十円でしょう。ほぼリスクなしといえると思います。

実は、1円も入金しなくてもリアル口座で練習できるんです

デモ6

XMでは、開設後に口座開設ボーナスとして「3000円分のボーナス」を入金なしで受け取ることができます。このボーナスがあれば、入金していなくてもリアル口座での練習が可能なんです。しかも、もし利益が出れば何と出金可能!さらに、最低入金額500円以上を入金しておけば、取引するごとに受け取れるXMP(XMのポイント)も貯めることができます。 マイクロ口座であれば、練習ついでにポイントもためて、XMのポイントステータスもあげることができますので、デモよりもお得感満載です。この機会にぜひ口座開設してみてくださいね!