TwoStep「コツコツ系FX」ありだと思います。〜FXや自動売買(EA)で資産運用をするための総合情報サイト〜
FX初心者

FXはいくらから始められるのか?

投稿日 : 2019年12月13日
「最低いくらからFXって始められるの?」
「FXを始めるためにどれくらいのお金が必要なの?」

こんな疑問に答えます。

本記事では、FXを始めるための最低資金から、初心者の軍資金としてオススメの金額や取引方法まで詳しく説明しています。

本記事の内容

1. 知っておきたい基礎知識

shutterstock 656086189

必要証拠金

必要証拠金とは、FXを利用する際に必要となる最低限入金しておかなければならない資金のことです。FX取引には、証拠金といわれる担保が必要で、この必要証拠金の額はレバレッジによって変化します。例えば、国内FX業者では金融庁の制限で25倍まで、海外FXでは500倍や888倍のレバレッジをかけることができます。例えば以下の表を見てください。
項目国内FX海外FX(ランドFX)
海外FX(XM)
最大レバレッジ
25倍
500倍
888倍
必要証拠金(※1)
44,000円
2,200円
1,238円

※1 ドル円110円で1万通貨当たりの必要証拠金です。

この表からわかるように、必要証拠金の額はレバレッジの高さと反比例の関係になります。もちろん、高レバレッジを使えば必要証拠金が下がり、低レバレッジならば必要証拠金の額が上がります。つまり、必要証拠金の額というのは、あなたが何倍のレバレッジを使うかによって変化するというわけです。
仮に同じ量の取引量(ポジション)をもつ場合、国内FXでは約44,000円分の証拠金を入金しなければ取引できませんが、海外FX業者のXMであれば1,300円程度で取引することができてしまいます。国内FXの何と約35分の1の金額で十分ということですね。少額でしかFXに使うお金を準備できない方や、リスクを抑えたいトレーダーにとってはハイレバレッジを有効に使っていきたいところです。

各FX業者が設定している「最低取引通貨単位」

FXには、FX業者ごとに注文できる最少の通貨単位というものがあり、多くのFX業者は基本的に最低取引通貨単位を「1,000通貨単位」や「10,000通貨単位」に設定しています。さらに、FX業者の中には「100通貨単位」、「1通貨単位」といったかなりの少額から取引が出来る業者もあります。これは開設するFX口座によりそれぞれ定められていますので確認しておきましょう。

同じレバレッジであれば、この「最低取引単位」が少ないほど、少ない資金からFXを始めることができるということを意味しています。ちなみに海外FX業者では、100,000通貨単位を基本としている業者も多いですが、レバレッジを有効活用しているので、国内FXよりも少額で簡単に始めることができます。

主要な国内FX会社の取引単位と必要証拠金(最低資金)をまとめておきます。

国内FX会社取引通貨単位必要証拠金
SBI FXトレード14円
マネーパートナーズ100400円
ヒロセ通商1,0004,000円
YJFX!1,0004,000円
外為どっとコム1,0004,000円
楽天FX1,0004,000円
マネックスFX1,0004,000円
DMM FX10,00040,000円
GMOクリック証券10,00040,000円

※ドル円1ドル100円、レバレッジが最大25倍の場合の必要証拠金になります。

2. 国内FX業者は最低4円から

shutterstock 1499713514

国内FX業者は上の表のように、多くの業者は1,000通貨単位や10,000通貨単位の業者が多いですが、1通貨単位からでも取引を行うことも可能です。もし1単位通貨の取引を行うとすれば、最低証拠金額は何と4円!(笑)ほぼリスクがないと言えますが、もちろん現実的な額ではありません。

リスクがなさすぎるため、現実的なトレードとはかけ離れてしまいます。1通貨での取引は、どれだけ買っても大きな利益をあげることができないので、やらなくなる人も多くいます。また、あくまで4円というのは最低額ですので、実際には余裕資金を準備した上で取り組む必要があります。

では、「1,000通貨単位」や「10,000通貨単位」の国内FX業者はどうでしょうか?
先ほどのレバレッジのところでもご説明しましたが、国内のFXは25倍までの規制があるため、証拠金として必要な額が非常に高くなってしまうというデメリットがあります。余剰資金として最初に準備する金額も、国内FX利用者は数十万円から始める人が多い傾向にあります。

たとえば、入金額が10,000円だとすると…

【国内FX】 レバレッジ25倍
10,000円×25倍=250,000円分の取引しかできない
【海外FX(XM)】 レバレッジ888倍
10,000円×888倍=なんと8,800,000円分の取引が可能!

このように同じ入金額では、明らかに取引できる量が違うことがわかりますよね!最低入金額が低くても、国内FXのようにレバレッジ最大が低いと、レバレッジの魅力である少ない資金で大きく儲けることができにくいと言えます。

3. レバレッジを活かすなら海外FXが鉄則

shutterstock 549933529

海外FX業者と聞くと、いきなり不安になったり、レバレッジが高いとリスクも高くなると勘違いしている人が多いのですが、初心者の方には海外FX業者の開設から少額で取り組むことをおすすめします。

最大のメリットは、やはり高いレバレッジです。国内業者を利用する場合では、少なくとも10万円以上の入金が必要です。海外FX業者ならほんの数万円程度でも、レバレッジを有効活用することで少額で多くの取引が可能となるので、たくさんの練習を積み重ねることができます。

海外と聞くと不安になる人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。例えば、海外FXで最も有名なXMは世界196ヶ国20言語で利用され、現在100万人以上に利用されているFXブローカーです。日本人の登録者も急増しており、運営歴も10年。信頼性も高く安心して利用できる業者といえます。
そしてさらにうれしい仕組みが海外FXにはあるのです。
それは、「ゼロカットシステム」です。これは、証拠金以上の損失が出たとしてもマイナス分を入金する「追証」とよばれるものがなく、そのマイナス分を業者が補填してくれるというシステムです。
言い換えれば、「口座残高がマイナスになった場合、残高を0に戻してくれるサービス」というわけです。初心者が負けて大きな損失を出しても0以下になることはないのです。嬉しいシステムですよね!
国内業者では、ほとんどの業者が追証システムを採用しているので、相場の急変などが起こると多額の追証が発生し、多額の入金を求められる可能性があります。
私たちがおすすめする海外FX業者「XMTrading」についてはこちらをご覧ください!

4. 初心者におすすめの軍資金は?

shutterstock 1565207116

まず準備する資金について、必ず理解してほしいことは「失っても生活に困らない余剰資金」で始めることです。これは、投資で重要となるメンタルにも大きく関わることで、生活に支障が出るお金で取引するとほぼ間違いなく負けるでしょう。投資をする上では絶対に守るべき鉄則です。必ず余剰資金で始めるようにしてください。
私の考える初心者がFXを始める上でおすすめの軍資金は、海外FXであれば5万円程度で十分だと思います。これはあくまで稼ぐための軍資金というよりも、たくさん練習をするための初期投資額と言ってもいいかもしれませんね。
FXは負ける人が9割とよく言われるほど非常に厳しい世界です。初心者がいきなり飛び込んで勝てるような世界ではありません。初心者がFXを始めるにあたって大切なのは「経験」になります。海外FXの利点をうまく利用して、高レバレッジで少ない取引量からたくさん取引を試してみてください。

最初から100万円以上の大金を入金し、大きな取引量で売買してしまうと、だいたいは大損して退場がオチです。少し大きな額は、自分に自信が持てるようになって取引手法なども確立してから、20~30万円程度からでも十分だと思います。もちろん投資スタンスやご自分の収入によっても変わってくるとは思いますが、余裕を持った資金管理でFXに取り組んでみてはいかがでしょうか。