TwoStep「コツコツ系FX」ありだと思います。〜FXや自動売買(EA)で資産運用をするための総合情報サイト〜
FX初心者

ナンピンとは?

投稿日 : 2019年6月16日
「ナンピン?なにそれ」
「ナンピンを利用する上で大事なポイントってなに?」

こんな疑問に答えます。

FXやカジノ、さまざまな場面で利用される手法のナンピン。本記事では、ナンピン・マーチンゲール手法について解説していきます!ポイントをしっかりと理解しておきましょう。

本記事の内容

1.ナンピンとは?

ナンピンとは、相場が自分の思惑と反対に動いてしまった時、ポジションを追加することで平均取得価格を有利にする方法です。

FX用語18

例えば、1ドル=100円でドルを買ったとします。 その後、1ドル=90円まで下落して、マイナスになってしまいました。 ここで再び90円で買いを入れるという手法です。ここでさらに同じ量の買い増しをすれば、平均価格は95円となります。 その後ドル円レートが95円まで戻せば損益のマイナスがなくなるという仕組みです。

利益も出やすくなり、トレードが負けになるという確率が格段に減るわけです。このように相場が下がってしまったとしても、買い増しを繰り返し平均取得価格を下げトータルでプラスにするのが「ナンピン」のトレード方法です。

2.マーチンゲール法って?

同様に、ナンピンの種類にマーチンゲール法という手法があります。基本的にはナンピンと同じなのですが、マーチンゲールの場合には、「追加する取引量を倍加させる」という点で異なります。FXでは「lot」という単位で取引されるのですが、例えば、ナンピンするたびに追加していく取引量を倍加させると、1lot→2lot→4lot→8lot…のように大きくしていくわけです。(掛け率が2倍の場合)

マーチンゲール法は倍加したポジションを追加することで、ナンピンよりも効率的にポジション平均価格を変化させ、容易に利益になるポイントまで到達させることができます。しかしながら、ポジションサイズは大きくなるため、損失も大きくなりやすい取引手法と言えるでしょう。

3.ナンピン手法の注意点と大事なポイント!

shutterstock 1014394012

よく「ナンピンは危険だ!」などと、ネガティブにとらわれがちです。なぜならば値段が一方向に動き続けた場合、ナンピンをし続け、最終的には「破綻」してしまうからです。負け=“資金がなくなってしまい、退場!”となってしまうわけですね。しかしながら、EAにおいてこの手法は、考え方や資金管理を徹底していれば非常に有効なロジックであると考えています。

ナンピン・マーチン系のEAを利用するにあたって大切なのは、「損切り」と「資金管理」です。どの程度、損失が拡大してしまったら損切りするかという撤退ポイントを決めておくこと、そしてどのくらいの損失になるか予測しておくことが大切だと考えています。

ダメなEAは「無限ナンピン」といって永遠に資金が底をつくまでナンピンさせるものまであります。資金力があるなら永遠にナンピン出来るでしょうが、最終的にはいつかすべてを失うことになってしまうのです。

実際の相場に対して、押し目や戻り目などの見極めがある程度でき、相場が大幅に荒れないような状況であれば、このナンピン手法はとても有効に使うことができます。

自らの資金と相談し、自分はどのくらい我慢できるのか?どのくらいの損失までならば許されるのか?仮に1度損切りになってもまだ再挑戦できる資金は残されているのか? こうした点を始める前に考えることが大切になります。

また、心理面も重要な要素になります。基本的にナンピン手法は含み損を抱えていることが多いので、その時期に耐えられるメンタルがあるかという面も大切です。

4.無料提供EAの手法は?

デザインE(2)

本提供EAも基本的なロジックはナンピン・マーチン手法です。本EAの特徴は、危険性をできるだけ回避するため、使用者がナンピン幅やマーチンの掛け率を変化させることができるだけでなく、資金にあわせた損切りまで計算することが可能となっています。 無限にナンピンし、最終的に破綻してしまった…なんていう最悪なことには絶対にならないよう、資金管理についてもしっかりと学んだ上で利用してもらいます。詳細はこちらをご覧ください。