TwoStep「コツコツ系FX」ありだと思います。〜FXや自動売買(EA)で資産運用をするための総合情報サイト〜
FX初心者

FXってなに?

投稿日 : 2019年6月15日
「FXってなに?」
「FXって初心者でもできるの?」

こんな疑問に答えます。

よく「FXはギャンブルだ!」「怖い!リスクが高すぎる!」と言われることがよくありますが、そんなことはありません。本記事では、初心者向けにFXとはそもそも何なのかを詳しく解説していきます。基礎知識をしっかり理解しておきましょう。

本記事の内容

1.FXとは?

FXとは、「Foreign Exchange」の略で、正式名称は「外国為替証拠金取引」といいます。

FXを一言で表すと、異なる通貨の売買です。円、ドル、ユーロ、ポンドなどの通貨そのものを買ったり売ったりする取引といった感じでしょうか。つまり、外国通貨を売買することにより為替差益(利益)を目指すことが目標ということです。

FXは2つの通貨の取引が基本で、自分が持っている通貨の価値が上がると利益が出る取引になっています。例えば、「日本円からアメリカドルへ両替して、その後しばらくして、両替したアメリカドルを日本円へと変える」と言う具合に各国の通貨を両替していくような取引になります。

以下の簡単な図を見てください。

FXとは?

FXの利益(為替差益)と言うものは、例えば「1ドル100円の時にドルを買った(円をドルに両替した)」と考えてください。その後、上の図のようにドルの価値が上がったとしましょう。そして、「ドルが1ドルにつき101円になった時に売った(ドルから円に両替した)」とします。

そうすると、1ドル100円で買っていたドルが、売る時には1ドル101円になって、1ドルにつき1円分の利益がでるということになるわけです。

「え?1円?」と思うかもしれませんが、FXではこの1円分の動きでも大きな動きであり、「レバレッジ」という特性を活かして大きな単位で運用しています。仮に10万ドル分購入していた場合、100,000円の利益が簡単に出ることになるのです。

2.メリットと魅力!

shutterstock 1520095187

FXの最大の魅力とは何でしょうか?ここでは3つご説明しようと思います。

【メリット1】
レバレッジを利用して「少額」で「大きな額の取引」ができる!
FXでは、預けた資金の何倍もの金額(通貨)を動かすことができるのです。このシステムをレバレッジといいます。例えば、100万円の証拠金を入金し、500万円分の取引を行なう場合「レバレッジが5倍」といいます。レバレッジが大きいほど、損益の幅が大きくなります。小さな力で大きな金額を動かすことができるということです。
このレバレッジ(てこの原理)をうまく利用すると、自分の資金の10倍や20倍の額を運用することが可能ということです。国内では最大25倍ですが、海外では200倍以上など、少額で大きな額を利用することができます。リスクが高そうに感じるかもしれませんが、資金管理を怠らなければ、この特性を活かさない手はありません!

【メリット2】
24時間いつでも取引ができる!不況や景気は関係なく取引可能!
なんといっても多くの人がFXに参加する理由の1つに、時間にとらわれずにいつでも取引ができるということがあげられると思います。しかも、FXのマーケットが賑わい、動きが大きくなる時間帯が、日本時間の夜22:00~夜中であるため、とくに仕事後のサラリーマンが副業やネットビジネスとしてFX取引ができる点もFXが広く受け入れられている要因といえます。
また、景気に影響されません。「買い」だけでなく「売り」から入ることもできます。外貨を「売って後で買い戻す」という取引が可能なのです。つまり上昇時だけでなく、下落時も利益を生み出すチャンスがあります!

【メリット3】
毎日勝手にたまる?スワップポイント!
「スワップポイント」とはFXで売買を行ったときに発生する2国間の金利の差のことをいいます。「スワップ金利」と呼ばれることもあります。
FXでは、外貨を買って持っているだけで外貨預金金利のように資金を増やすことができます。もちろん1度に大きな金額がはいるわけではありませんが、金利のようにほっといても貯まるという性質を持つスワップポイントは、お小遣い感覚で日々貯めることができるのでスワップポイント狙いの投資家も中には存在するほどです。意外とバカになりません。(※ただし、スワップはプラスのスワップだけでなくマイナスもありますので、始める前に確認しておきましょう)

3.デメリットは?

shutterstock 1414290485

先ほどのメリット1でご説明したように、少額で大きな額を運用できる「レバレッジ」は、メリットである反面、資産以上の金額を投資ができるため、損失のリスクもより大きくなる可能性があります。例えば、100万円の資金で10倍のレバレッジで1000万円分運用した場合、もちろん利益も10倍になる反面、損失も10倍になる可能性があります。

あまりに高いレバレッジで取引をし、必要以上に投入額をあげてしまうと、マイナス方向に少し動いただけで強制ロスカットされてしまい、取引ができなくなることもあります。

※しかしながら、この強制ロスカットは、自己資金以上の損失(株のご経験がある方はわかるかもしれませんが、追証など)を負わないため、急激な為替の変動でトレーダーが莫大な損失を被ってしまわないための安全装置のようなものととらえてください。

4.最低限の基礎用語

「レバレッジ」のほかにも、FXを始めるにあたって最低限しておきたい用語を簡単にご紹介します。

スワップ
取引を行っている通貨間の金利差のこと。高金利の通貨を買って低金利の通貨を売っている状態であれば毎日受け取ることができます。逆に低金利の通貨を買って高金利の通貨を売っているときは払わなければなりません。
スプレット
スプレッドとは買値と売値の差のことを指します。毎回取引するときにかかる手数料のようなものなので、スプレッドが狭いほうが手数料が少ないということで有利に取引できます。国内FXは狭め、海外FXは比較的広めです。また、時間帯によっても大きく変化します。  
Lot(ロット)
FXで使われる通貨単位のことを指します。 基本的に日本国内のFX会社では「 1万通貨=1Lot(ロット) 」、「 1千通貨=0.1Lot(ロット) 」と表しますが、海外に本社をおくFX会社等では「 10万通貨=1Lot(ロット) 」としている場合もあります。XMでは「 10万通貨=1Lot(ロット) 」です。
ポジション
取引で新規約定したあとの、その状態を保有して維持している注文のことです。外貨をいくら買っているか・売っているかという状況を表しています。この状態を「ポジションを持っている」「保有ポジション」といいます。

他にも、FXを始めるにあたって覚えておいてもらいたい用語があります。こちらの記事にまとめてみましたので、こちらもご覧ください!

5.自動売買を試してみませんか?

FXの概要について簡単にご説明させていただきましたが、「そんなこと言っても、何もわからないのに、買ったり売ったりできない!」「本をたくさん読んで、勉強しなきゃいけないんじゃないの?」など疑問を抱かれることと思います。

正直、初心者が簡単に勝って利益が出せる世界ではない!のが本音です。9割の人が負けるという世界で、プロと同じ戦場にいきなり飛び込もうとしてるわけです。裁量(自分でタイミングを決め、売ったり買ったりすること)で勝つのはなかなか厳しい。実は、私も裁量では負け続きのトレーダーでした。泣

このサイトでご紹介しているFXの自動売買ツールは、そのような初心者の方でも少しの知識と経験でコツコツ利益を積み重ねることができます。こちらの記事も是非ご覧ください。