TwoStep「コツコツ系FX」ありだと思います。〜FXや自動売買(EA)で資産運用をするための総合情報サイト〜
おすすめ書籍

マーケットの魔術師 エッセンシャル版 投資で勝つ23の教え

投稿日 : 2020年1月8日

本記事では、世界中の投資家が1度は読んだことのある大ベストセラー「マーケットの魔術師」シリーズ4冊をまとめたエッセンシャル版「マーケットの魔術師 投資で勝つ23の教え」をご紹介していきます。

本記事の内容

1.どんな本なの?

shutterstock 437858659

この本は、世界的にも大ヒットし、投資を行う人なら誰しも一度は聞いたことのある名著「マーケットの魔術師」シリーズのすでに出版されている4冊のエッセンシャル版(要約版)として、一冊にまとめた書籍です。

このシリーズは大変人気で、多くの世界中のトップトレーダーたちの考え方や、失敗談、名言などが詰め込まれているのですが、1冊ずつがかなりのボリュームがあり、読み切るのがなかなか大変です。もちろん、理想的にはすべて読んでいただきたいところですが、この本は著者が特に大切であると思う考え方を再編集してあるので、非常に読みやすく理解しやすい内容となっています。

手法について詳しく書かれているわけではありませんし、これを読めば勝てるようになるわけではありませんが、トップトレーダーが考える思考や、投資における基本的な考え方、資金管理やメンタル、損切りなど多くのことを23個の項目でわかりやすく説明しています。

むしろ、これを読んでいただければ、本家の4冊である「マーケットの魔術師」シリーズをすべて読みたくなるはずです。初心者の方に特におすすめできます!

2.読みやすくて名言がいっぱい!

無題のデザイン5

トップトレーダーへのインタビューの内容がまとまっているのでまさに名言の塊だらけ。 私が特に感銘をうけ、重要だと思う内容まとめてみましたので、ぜひ参考にしてください!

自分にあった手法を行う

「私のやり方をあなたに教えても、うまくいかないだろう。あなたは私ではないからだ。」-コルム・オシア

トレーダーとして成功する方法は1つではなく、無数にあると言われるほどたくさんの方法があるのですが、自分に合っていない手法を取り組んでも勝てるようにはならない。ということを伝えています。他人が教える手法をまねするだけでは、そのすべてを理解することにはならない為、本人しか使えるものではないのです。

よく、同じ手法を使っても勝てる人と、勝てない人がいるのは、相場は「手法」がすべてではないからなのです。感性や経験、技術的な資金管理などさまざまな要素が含まれているんですね。投資は「自分に合った方法で行うこと」「トレーディングを楽しめるような方法にすること」が大切です。

投資のリスクマネジメント

「儲けようとするな。持っているものを守ることに集中しろ。」-ポール・チューダー・ジョーンズ
「入る前に、どこで出るかを決めておくのだ。」-ブルース・コフナー

こちらも投資において非常な大切な要素となる「資金管理」について詳しく述べられています。特に、初心者の方は最初から儲けようと思わないことが非常に大切だと思います。いきなり大量の資金を投入し、プロの世界に飛び込めば、ほとんどの場合資金を大きく失うことになります。よくある細かいストップ注文はしてはいけないことや、稼げているトレーダーでも勝率はそこまで高くないことが細かく述べられています。

負けもゲームの一部

「勝つとわかっていたら、損失を出しても困らない。それは最終的に利益を得るためのプロセスの一部に過ぎないと理解しているからだ。」-リンダ・ラシュキ
個人的に一番共感し、感銘をうけた考え方です。勝てているトレーダーは、「負けのトレード」を最終的な利益を生み出すための、たくさんのトレードの中の一部として認識しているのです。負けているトレーダーの典型的な言い訳は、「勝ち負けイーブンになったら取引を終わらせる」と言います。負けを認めない考え方が負けを生み出すのです。負けてもよいと思わなければ、勝てるようにはなりません。

取引金額を大きくしてはならない

「ポジションが大きくなると、危険も大きくなり、取引の意思決定が冷静な判断力と経験とではなく、不安に支配されるようになる。」-ブルース・コフナー
こちらも取引経験者であれば誰しもが感じることだと思います。投資額が大きくなるほど、冷静な判断ができなくなり、勝てるトレードを負けにすることが多くあるのです。おすすめの取引量は「しばらくPCやスマホを放置しても大丈夫な金額」です。実はこの考え方は結構大事で、数分おきにチャートや自分のポジションがどうなっているかを見てしまう場合は、取引量が多いといえます。欲深いトレーダーは必ず失敗します。まずは、初期投資額が2倍になるまでは投資額は増やしてはいけません。

トレーディングから感情を切り離す

「本当の成功者は興奮しない。」
勝てるトレーダーはいかなる場合でも冷静に対処していることが多く、損失を取り返そうとするトレードや、興奮しているときのトレードは非常に危険です。本書にも、「勝たなければならないと思ったら、勝てない」と述べられているように、トレードは平常心で余裕を持った取引をしましょう。

ご紹介した項目はほんの一部です。投資初心者の方には、シンプルでわかりやすい文章ですので、まずはこの本から読んでみてはいかかでしょうか?